大人の女性に憧れて…リキッドアイライナーをつかってみたが…ウォータープルーフの悲劇が…!!

アイライナーの失敗談

この記事では私のアイライナーの失敗談を紹介します。

アイライナーの口コミ体験談

「アイライナーで後悔した…」と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

ちょっと背伸びをしたくて…手にしたリキッドアイライナーでパンダに

アイライナーで「失敗した…」と後悔していること

アイライナーには「ペンシルアイライナー」「リキッドアイライナー」「ジェルアイライナー」と3種類もある。

どれを使おうか?と、お化粧初心者であった頃は悩むことが多かった。

若い頃は大人の女性に憧れて、ちょっと背伸びをしたくなるもの…。

スーッとキレイに流れるラインの切れ長の目にしたくて、リキッドアイライナーを購入した。

アイラインをひこうと手にしたリキッドアイライナーは、お化粧初心者には少々、難易度が高すぎたようで、ラインをひくこと自体が難しく、ぷるぷる手元が震え、直線どころかジグザグのラインしか書けないのである。

理想の切れ長の目は完成せず、何だかドラキュラの様な目元になってしまった。

「ちょっとこれはまずすぎる!」と化粧を直し始めたはいいが、なかなかラインがとれず、気がついたらパンダのように真っ黒になってしまった。

まだまだ、私には早すぎたリキッドアイライナー。

「いつか、リキッドアイライナーを使いこなせる女性になるぞ!!」と、思った若かりし頃の私を思い出しました。

 

アイライナーで失敗しやすい原因

アイライナーで失敗しやすい原因

  • アイライナーの種類が多い
  • 瞼の際に書くことが難しい
  • 一度引いたら落とすことが大変

 

アイライナーで失敗しないための対策

アイライナーで失敗しないための対策

お化粧初心者であった頃から、だいぶ年月を重ねましたので、今ではジェルアイライナー・ペンシルアイライナー・リキッドアイライナーを使い分けています。

ですが、メーカーさんによって使い心地が違う為、やはり、初めて使うアイライナーは試し描きをすることを心がけています。

いきなり瞼の際に描き、失敗した時には、直そうとしてもラインがなかなか落ちてくれないのです…。

ウォータープルーフの悲劇であります!!

必ず、描き慣れてからでなければ美しいラインをひくことができませんので、初心忘れるべからずの精神で、集中して一気にラインを引いています。

 

アイライナーで悩まなくなるとこんないいことがある!

アイライナーで悩まなくなって変わる私の生活

キレイなラインが引けるようになると、目元の印象がかなり違ってきます。

目元のメイクアイテムは他にもアイシャドーがありますが、目の形をもカバーできるのはアイライナーです。

自分好みの目元に近づくことができたなら、きっと、気分も違ってきますし、鏡を見ることが楽しくなるのではないでしょうか。

目ヂカラアップにも繋がりますね!

 

「アイライナーが上手くできない女性」へアドバイス!

アイライナーが上手くできない女性にアドバイス

最初は私もまったくないキレイなアイラインをひくことができませんでした。

手元は震えるし、どれくらいの力で描けばよいのかもわからないし…手探りで何となく描いていましたが、時代は変わり、今では描きやすいアイライナーが沢山販売されるようになりました。

先ずは描き心地を確かめるのが一番だと思いますので、テスターで手の甲などにひいてみて、スーッと違和感なくラインを引ける商品を選んでみると、失敗はないと思います。

ペンシル→ジェル→リキッドアイライナーと段階を踏んで使えるとベストですね!

 

アイラインの引き方でおすすめ動画

【初心者メイク】アイラインの引き方の基本【3つのコツで綺麗なアイライン】

アイラインのキレイな引き方・基本の引き方がわかりやすい。