目の下がクマみたいになる失敗をしていた私が、使うアイライナーのタイプを変えたら、目元が綺麗になった!

アイライナーの失敗談

この記事では私のアイライナーの失敗談を紹介します。

アイライナーの口コミ体験談

「アイライナーで後悔した…」と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

アイラインは描くのも、色のチョイスも難しい。

アイライナーで「失敗した…」と後悔していること

最初に化粧を覚え出した頃は、リキッドタイプのアイライナーを目の上にうまく塗れずに手がプルプルして線が歪んだり、目に入ったりしました・・・痛かったです。

あと、目の下を塗る時、力の入れ加減がわからなくて、滲んでクマみたいな線になり、すごい見た目になってしまったこともあります。

目の下に関しては、目からミリ離して描くとか、目尻の3分の1くらいのみ描くなど色々試したのですが、なかなか納得のいく仕上がりにならない事があります。

 

アイライナーで失敗しやすい原因

アイライナーで失敗しやすい原因

  • アイライナーによっては手元が安定しない物がある
  • 自分に合った色がわかりづらい
  • 慣れないとアイラインを入れた自分の目のイメージがつかみづらい

 

アイライナーで失敗しないための対策

アイライナーで失敗しないための対策

こればっかりは慣れが必要かなと思う。

使う時安定してかけるペンを選ぶ様に心がけるます。

最初の頃に失敗したのが、筆タイプのアイライナーで何度描いても歪んでしまうので、普段は繰り出しタイプを使う様にしています。

色も黒系は「描いてます!」て感じがすごくなってしまうので、茶色系などを選ぶ様に心がけています。

ただ、繰り出しタイプはどうしても、目元の印象が弱くなってしまうので、今は、もっとバッチリメイクしたい時には、鉛筆の様に持ち手が六角になっていて、筆タイプなのに色が出過ぎないジェルアイライナーを見つけたのでそれを使っています。

 

アイライナーで悩まなくなるとこんないいことがある!

アイライナーで悩まなくなって変わる私の生活

気合が入ります。

その日1日のモチベーションに関わるので、アイライナーが上手くいくと、その日は1日もうまくいくような気持ちになれます。

アイメイクは遊びに行く時も、大事な用事をしに行く時も、自分の元気スイッチを入れるためのメイクの1つだと思っているので、普段は内向的な性格ですが、アイメイクがうまく行くことは、外に向けてうまく自己表現できる事だと思います。

 

「アイライナーが上手くできない女性」へアドバイス!

アイライナーが上手くできない女性にアドバイス

最初はとにかく筆を使うことになれると良いと思います。

手の甲などで試して、思っている太さのせんを描ける様にアイライナーの扱いに慣れるまで練習してみます。

自分が上手に使えそうと思うアイライナーを探すのも大事です。

色のチョイスや自分の目のどこに引くのかは、判断が難しかったりするので、上手い人の動画などは参考になります。

 

アイラインの引き方でおすすめ動画

【アイラインのすべて。】初心者さんにも❗️失敗しないためのコツ。色々な書き方。

色んなタイプのアイライナーを紹介してくれて、目の細かい場所の描き方にも言及してくれている。