おもしろ目元だった私がアイラインの角度を変えるだけで女優風切れ長目元に!

アイライナーの失敗談

この記事では私のアイライナーの失敗談を紹介します。

アイライナーの口コミ体験談

「アイライナーで後悔した…」と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

アイラインが逆に目の小ささを強調してしまって失敗!

アイライナーで「失敗した…」と後悔していること

ずっとやっていた失敗なのですが、目尻から5mmほどピヨンと跳ねるように描いていました。

切れ長でキャットアイのようなクールなイメージだったのですが、それにしては跳ね上げるタイミングが早すぎて、可愛い系というか、ちょっと面白い感じになってしまっていたようです。

随分後になってからなのですが、これでは逆に目を小さくみせてしまうようで、友人に「目を延長するような角度で自然にやったほうが良いよ」と言われたとき初めてアイラインを失敗していることに気がつきました。

 

アイライナーで失敗しやすい原因

アイライナーで失敗しやすい原因

  • 油分や水分が多く時間がたつと、滲んでパンダ目になる
  • 角度が急すぎて不自然になる
  • 自分の目にあったラインを引けず、不自然な目元になる

 

アイライナーで失敗しないための対策

アイライナーで失敗しないための対策

目元用のパウダーをアイメイクの仕上げにのせ、油分や水分はメイク前に軽くティッシュオフするようにしてからはにじみが少なくなったような気がします。

また私の目は奥二重なので全体にアイラインをすると二重ラインを完全につぶしてしまいます。

なので無理にアイラインを全体に引かず、真ん中より目尻側を繋げるようにして切れ長にみせています。

このとき目を引っ張った状態で自然な直線を引くことで不自然にならないように気をつけています。

 

アイライナーで悩まなくなるとこんないいことがある!

アイライナーで悩まなくなって変わる私の生活

一度覚えたら、それを繰り返していくことで精度が上がるので、意外と簡単で時短にもなります。

アイラインはメイクの中でもかなり化ける確率が高いので、自分の印象を変えることができると思います。

またアイラインがうまく引けていない人を見ると私も気になるし、他人から見られてアラがわかりやすい部分です。

なので、不器用な人だと思われないことは、仕事にも恋愛にも生きてくるのではないかと思います。

 

「アイライナーが上手くできない女性」へアドバイス!

アイライナーが上手くできない女性にアドバイス

自分の顔を客観的に見るということは、いつも見ている顔だからこそ大切なことです。

その顔に慣れてしまうと、本来もっとかわいく美しくなれるのにそのチャンスを失っていることは意外と多いかもしれません。

自分のメイクが定番化しているからこそ、動画や雑誌などでメイクを常に研究することが大事。

そしてラインががたつくなど、苦手意識がある人はどんどん練習して自信をつけることも重要です。

新しい自分になるために、まずは行動するのみです!

 

アイラインの引き方でおすすめ動画

【初心者向け】メイク講師が教えるアイラインの引き方

自然な角度であれば、結構長くアイラインを引いても大丈夫だとわかって参考になった。