モブ顔の方が化けると激カワ女子になれる!

アイライナーの失敗談

この記事では私のアイライナーの失敗談を紹介します。

アイライナーの口コミ体験談

「アイライナーで後悔した…」と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

遠くからなら寝ているのがバレないかもしれない奥二重の悲劇!

アイライナーで「失敗した…」と後悔していること

目にコンプレックスがあり、少しでも大きく見せようとリキッドアイライナーを初めて使った時、自分の目が奥二重なので目を閉じてラインを引いて開けてみるとラインが隠れてしまって全然見えない。

どんどん太くラインを引いて目を開けた状態で見えるようになるまで引くと、今度は目を閉じた時に瞼の約半分くらいまで描いてて…。

それを見ていた祖母に「あんた目開けてるのか閉じてるのかわからんわぁ(笑)」と言われそれ以降つけまつげのついで位に描くようになりました。

 

アイライナーで失敗しやすい原因

アイライナーで失敗しやすい原因

  • 毎回全集中で描かないとだいたい失敗する
  • 左右の目の特徴を把握して描かないと左右でかなり非対称なラインになりがち
  • 毎日のことなので自分の使いやすいと思う形状のものを選んでしまう

 

アイライナーで失敗しないための対策

アイライナーで失敗しないための対策

私の場合、アイラインだけでは全て奥二重の中に隠れてしまうので、つけまつげをつけると自然に二重になることが分かりました。

それからは、つけまつげメインでアイライナーはその隙間を自然に見せるための補助が主でメインは目の下側に少し入れてより目が大きく少しタレ目に見えるように使ってます。

下まつげを埋める感じに引いて下側全体に入れてしまうと、普段の服装には不自然になりすぎりので目の形にもよるかもしれませんが、部分的にリキッドで入れるようにしています。

 

アイライナーで悩まなくなるとこんないいことがある!

アイライナーで悩まなくなって変わる私の生活

今は特にマスクで顔の判断基準が目と言っても過言ではないと思うのでアイメイクが上手くいけば、全体のメイク技術にそこまで自信がなくてもマスク美人には比較的簡単になれます。

メイクが上手くいけば自信もつくし、テンションも上がるし、周りからの扱いも変わるし、頑張って上手く引けるようになると、たかがアイメイクと思うことなかれレベルで様々な利点が生まれてきます。

 

「アイライナーが上手くできない女性」へアドバイス!

アイライナーが上手くできない女性にアドバイス

初めから上手くいく人は少ないのではないでしょうか。

それぞれ目の特徴が違うので自分の目を良く観察し、とにかくいろんなタイプのものを試して自分にあったものを探すと良いと思います。

商品によってはアレルギーのような症状が出たりするので(私はありました)、金額よりも自分に合うか合わないかで選ばないとアイメイクそのものができなくなることもあるので注意です。

 

アイラインの引き方でおすすめ動画

【デカ目メイク】プロのメイク理論大公開!奥二重必見のデカ目術を教えちゃうわよ〜♡【小田切ヒロ】

奥二重でも「印象を可愛くさせながら、デカ目にしてしまうというテクニック」を教えてくれる動画です。