短くてまばらだったまつ毛が、まつ育を始めて外国人のようにフサフサになった話

アイライナーの失敗談

この記事では私のアイライナーの失敗談を紹介します。

アイライナーの口コミ体験談

「アイライナーで後悔した…」と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

アイラインが太くなって失敗

アイライナーで「失敗した…」と後悔していること

リキッドアイライナーを購入したところ、筆の先が柔らかすぎて、アイライナーが上手く書けなかった。

また、筆先の太さが太めのものだったので、下の目尻のアイラインを引くのには向いていなかった。

少しコシがあり、細めの筆先のアイライナーが良いと思った。

昔は黒色のアイライナーを使っていたが、きつく見えることに気づき、ブラウンのアイライナーを使用したところ友人から褒められたので、「早くからブラウンの色を買っておけば良かった」と後悔した。

 

アイライナーで失敗しやすい原因

アイライナーで失敗しやすい原因

  • 筆先の太さがご自身の目の形に合っていない
  • 書き心地が悪く、スッと書けない
  • 筆先の硬さが柔らかいと書きづらい

 

アイライナーで失敗しないための対策

アイライナーで失敗しないための対策

リキッドアイライナーの筆先の太さと硬さを事前に確認してから、購入するようにしています。

失敗しないよう、まぶたを手で上の方へ少し引っ張りながら書き、長さも長すぎず、短すぎないように、三面鏡を使って、横からも確認しています。

アイラインを引いた後、そのままだと少し化粧をしている感じが強いので、綿棒または、茶色のアイシャドウで書いたラインをぼかし、馴染むようにしています。

ガタガタになったところを綿棒で消して、ラインも修正しています。

 

アイライナーで悩まなくなるとこんないいことがある!

アイライナーで悩まなくなって変わる私の生活

自分の理想のアイラインが引けるようになったら、自分の顔が今より好きになれる気がします。

私の目は奥二重で、アイラインを引きすぎると一重に見えてしまうので、特にこだわって気をつけて書いています。

太すぎず、細すぎないベストなアイラインが引けたら、化粧がもっと楽しくなり、人に会うのが楽しくなったり、自分に自信が持てるような気がします。

 

「アイライナーが上手くできない女性」へアドバイス!

アイライナーが上手くできない女性にアドバイス

自分の目の形に対して、アイラインを引きやすいものを選ぶことが重要です。

リキッドアイライナー、ペンシルアイライナーどちらが向いているか、どんな筆先や筆の硬さが書きやすいのか、色はどの色が似合うか、日々研究したり、インターネットで商品の口コミを見たりするとこが大切です。

また三面鏡を使い、アイラインの長さを調節すると、ベストなアイラインが引けます。

 

アイラインの引き方でおすすめ動画

【奥二重メイク】アイラインの引き方が重要!目が大きく見えるアイラインの引き方♡

奥二重の目元を活かしながら、二重幅を強調したメイクを教えてくれる動画です。