なかなか綺麗な二重にならなかった私が、アイテープを使ったら理想の目になれた!

アイプチ(アイテープ)を使った失敗談

この記事では「片方だけしたらバランスが悪くて失敗」という私のアイプチ(アイテープ)の失敗談を紹介します。

アイプチ(アイテープ)を使った口コミ体験談

あなたも「アイプチ(アイテープ)を使って後悔した…」と私と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

片方だけしたらバランスが悪くて失敗

アイプチ(アイテープ)を使って「失敗した…」と後悔していること

私は奥二重なのですがたまに目が腫れたりして片方だけ一重になる事があります。

鏡で見ると目の大きさも目つきも違うし違和感があったので前に買っていたアイテープを使ってみる事にしました。

でも、使い慣れていなくてどうやったらいいのかわからず見よう見まねでやってみる事にしました。

「なんとかうまくできた」と思って鏡で確認してみたら、片方だけ薄い奥二重、まあ片方ははっきりとした二重になっていて更にバランスが悪くなってしまいました。

 

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

  • シールを貼る場所
  • シールを貼る角度
  • バランスが悪い

 

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

失敗した時は片方だけしかアイテープを使っていなかったので今は片方だけ腫れて一重になっていたとしても両方アイテープをする事にしています。

失敗しないようにするには貼る位置も大事でくっきりとさせると思いっきり貼っているのがわかるのであまりハッキリとわからないようにしています。

元々浅めの奥二重なのでいきなりハッキリになるとやはりおかしいのでそこは気をつけています。

後はメイクで誤魔化したり貼っているのがわからない工夫をしています。

 

アイプチ(アイテープ)の使い方の参考記事

奥二重さんにおすすめのアイプチ15選|バレずに二重まぶたにするやり方・クセ付けのコツを徹底解説
一重や奥二重さんはぱっちりした二重に憧れる方も多く、綺麗なアイプチができないとお悩みの方も。今回は、奥二重さん向けにバレずに綺麗に二重にできるアイプチを厳選しました。やり方のコツやクセ付け方法、奥二重ならではのお悩みを解決します!

テープでの二重のやり方を細かく書いている所です。

 

理想的な二重になったらこんないいことがある!

アイプチ(アイテープ)のを使って変わった私の生活

奥二重ではなく綺麗なハッキリとした二重になったらアイテープなんか使わなくてもいいのでその手間が省けます。

メイクに関しても目の周りをガッツリやり込まなくてもかわいいと思うのでナチュラルメイクになると思います。

いちいちテープを貼って引きつりがないかとか目を閉じられるかの確認をしなくてもいいのでそこがいいことです。

 

「アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性」へアドバイス!

アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性にアドバイス

アイテープは最初はうまくできないと思います。

理想の形にならなかったり、目がひきつってしまったり貼ったのにいつの間にか剥がれてしまったりと色々あると思います。

ですが、やっていくうちにコツをおぼえて「この辺りに貼れば理想的な形になる」というのがだんだんわかってくるので、それまで何度か使って慣れていきましょう。