片目一重のバランス悪い私がアイプチを極めたら自然に二重になった!

アイプチ(アイテープ)を使った失敗談

この記事では「バレずに二重にしたかったのに、不自然に二重にしてアイプチがバレたこと」という私のアイプチ(アイテープ)の失敗談を紹介します。

アイプチ(アイテープ)を使った口コミ体験談

あなたも「アイプチ(アイテープ)を使って後悔した…」と私と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

バレずに二重にしたかったのに、不自然に二重にしてアイプチがバレたこと

アイプチ(アイテープ)を使って「失敗した…」と後悔していること

自分に合わない太さを選んでいたこと。

両面テープタイプと片面テープタイプがあるが、私は片面テープタイプだと見えてしまうので、それが失敗だった。

化粧をした時にアイシャドウがテープについてそこだけテカったり、目立ったりしたこと。

無理やり二重にしようとしてアイテープを目から無理矢理遠いところに貼ったり二重にして貼ったりした。

アイプチを外そうとして無理やり剥がしたり擦ったりして目のまぶたが赤くなってしまったこと。

 

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

  • 自分に合わないアイプチを使っていること
  • 二重にできる限界の幅があること
  • アイプチをすることに慣れてないこと

 

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

無理にアイプチやアイテープで幅を広げようとしない。

化粧をする時にアイプチを避けて、違和感なくアイシャドウをのせる練習をする。

少し面倒くさいが、目が荒れたりまぶたが伸びたりしないようにアイプチをはがすときはお湯でゆっくり接着面をはがす。

または、洗顔フォームを使ってテープのベタつきなどはこすらず優しく落とす。

このアイプチアイテープだったら、絶対に可愛く仕上げれるというものを満足する二重ができるまで探し続ける。

 

理想的な二重になったらこんないいことがある!

アイプチ(アイテープ)のを使って変わった私の生活

目が大きく見えたり、片方の目とのバランスが取りやすくなるので、化粧をしても楽しいし、鏡を見ても自分に自信が持てるようになる。

自分に自信が持てるようになると、顔を上げて街を歩けるようになったので、目的(ただのナンパやスカウト)は様々だが、声をかけられるようになった。

きっとアイプチを使わなかったらそうはならなかったので嬉しい。

また今跡が付き始めてアイプチを使わなくても二重になる日が、アイプチを使っている日よりも多くなっている。

 

「アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性」へアドバイス!

アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性にアドバイス

いつかは絶対上手く使える日が来るし、自分のお気に入りのアイテープアイプチを見つけれる日は来るので、根気強く練習やアイプチ探しをしてみてください。

たくさん研究しながら、アイプチを使っていると、アイプチの使い方が上手くなるのはもちろん、化粧の仕方も上手くなります。

自分の見せ方も分かってくるようになると思うので、アイプチを使いこなすことができるようになった時は何倍も美しくなっていると思います。