アイテープで二重になった私。しかし、ばれてきてしまい、逆に恥ずかしい思いをした話。

アイプチ(アイテープ)を使った失敗談

この記事では「アイテープで二重にしたら、あきらかに作った二重とばれて笑われてしまった」という私のアイプチ(アイテープ)の失敗談を紹介します。

アイプチ(アイテープ)を使った口コミ体験談

あなたも「アイプチ(アイテープ)を使って後悔した…」と私と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

アイテープで二重にしたら、あきらかに作った二重とばれて笑われてしまった

アイプチ(アイテープ)を使って「失敗した…」と後悔していること

何度かアイテープを使って二重にしました。

時間がたつと、はじからはがれてしまい、人にばれてしまうことも多々ありました。

アイプチと一緒につかったら、もろもろとアイプチがとれて目元が汚くなる状態で笑われることもありました。

それに、素材によっては、使っていてかゆくなってしまい、一日使い続けることができないこともありました。

それでも試行錯誤して数十年使っていました。

ですが、目元がだんだんたるんできてしまいました。

テープで引っ張っていたのが原因のようです。

結局前よりも重たい一重になってしまいました。

 

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

  • 自分の肌と素材が合っているかためさないとかぶれる
  • 目のカーブに合わせて加工しないとはがれる
  • アイシャドウなどをのせたときにテープが強調されることもあるのでメイクテクニックが必要

 

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

アイテープをそのまま貼るといかにもばれてしまうので。

そのままはるのではなく、ハサミで幅を短くしたりしています。

はがれやすいサイドも少し切ったら、はがれにくくなりました。

目元の油分ではがれてしまうので、朝のスキンケアのときに乳液を少なめにしています。

アイシャドウを塗る時に手で塗るとはがれやすかったため、ブラシを使ってぽんぽんとおくように付けるようにしたら、アイシャドウもきれいに着くのと、アイテープだとばれにくくなりました。

 

【動画】アイプチ(アイテープ)の使い方の参考になる

重たい一重を二重にするためのコツなどが動画にされていて分かりやすい。

 

理想的な二重になったらこんないいことがある!

アイプチ(アイテープ)のを使って変わった私の生活

朝のメイクの時間が少なくて済む。

二重を作るのに10分はかかるのでその分時短になると思います。

どうしても作った二重は不自然なのが、自然な二重になって違和感がなくなると思います。

作った二重は一重に戻りやすいので、アイメイクも無難なブラウンになりがちなのですが、二重になったら、そういう悩みもなくなるので、パステルカラーとか試せそうな気がします。

あとは人前ですっぴんにもなれるので、旅行など行くときに悩みがなくなりそうです。

今は一重がいやなので、旅行にいってお風呂に入ってすぐに二重にしています。

 

「アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性」へアドバイス!

アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性にアドバイス

購入したアイテープをそのまま使うと目元に合っていないことが多いので、自分で目元に合う大きさに加工して使うのがよいと思います。

最初はうまくいかないので試行錯誤しながら、自分にベストの幅と大きさにするのが良いと思います。

あとは、目元の油分があるとはがれやすいので、メイクする前に、目元の油分を取り除いてから使うと良いです。