まるで貞子!?アイプチで白目だった私がナチュラル二重を手に入れた話

アイプチ(アイテープ)を使った失敗談

この記事では「アイプチは種類によって肌荒れするうえ、不自然で下を向けない!」という私のアイプチ(アイテープ)の失敗談を紹介します。

アイプチ(アイテープ)を使った口コミ体験談

あなたも「アイプチ(アイテープ)を使って後悔した…」と私と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

アイプチは種類によって肌荒れするうえ、不自然で下を向けない!

アイプチ(アイテープ)を使って「失敗した…」と後悔していること

私のアイプチ失敗談はあるあるですが…

「下向いた目が怖い」「瞼にゴミついてるよ」「瞼腫れてない?」「アイシャドウどうした?」

この一言にとても傷つき、アイプチを使用する上で永遠の課題でした。

「下向きの顔」なんて自分ではわからないですからね。

友人や彼氏に指摘されたときの恥ずかしさは忘れられません。

他にも、身体的な部分ではアイプチの使用で瞼が真っ赤に腫れてしまい、痒くてメイクもままならない日もありました…

 

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

  • 瞼のむくみ
  • アイプチの乾く速度
  • アイテープの強度、厚み

 

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

テクニックとしては幅を欲張らずなるべく自然な二重を作ること。

そうする事で必ず「ここだ!」というポジションが見つかります。

私個人としては、初心者であれば糊タイプのアイプチがおすすめです。

ただし、皮膜タイプは好みが分かれると思うので最初は両面接着タイプだと失敗しづらいかと思います。

後はとにかく顔の浮腫に気をつけています。

瞼が浮腫むとベストポジションですら固定できないこともしばしば…

塩分を控え、こまめな水分補給と顔のマッサージを行っています。

 

【動画】アイプチ(アイテープ)の使い方の参考になる

絆創膏を使用した二重、メザイクのように伸ばさず使用する事が非常に参考になった。

 

理想的な二重になったらこんないいことがある!

アイプチ(アイテープ)のを使って変わった私の生活

これまで親の反対もあり「アイプチは恥ずかしいもの」と捉えていました。

ですが、初めてアイプチをして二重にした日、当時付き合っていた彼氏から「すごく可愛い!印象が変わっていろんな○○ちゃんが見れて嬉しい」と言われたことをきっかけにアイプチの世界にのめり込みました。

コンプレックスが解消でき、普段とは異なる自分を手軽に魅せる事ができます。

 

「アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性」へアドバイス!

アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性にアドバイス

私は一通りのアイプチ商品を使用しましたが、ざっと上げて4種類あります。

必ずあなたに合う商品があるはずなので1つのタイプに拘らず、色々挑戦することをおすすめします。

①両面接着タイプ

②皮膜タイプ(片面接着)

③メザイク(テープを伸ばして使用)

④アイテープ(両面・片面)

 

①の両面接着タイプは初心者に関わらず使用されてる方が多い印象です。

なお、幅広並行二重を作る多くの方は、③のメザイクのようにテープを細く伸ばすタイプが体感ですが多く見受けられます。

私個人としては④のアイテープの片面接着タイプを愛用していました。

おすすめポイントは瞼を閉じた際の不自然さが①よりは目立ちにくい点、失敗後の修正が簡単である事が理由です。