目が細いことがコンプレックスだった私が、理想の二重を手に入れた!

アイプチ(アイテープ)を使った失敗談

この記事では「アイプチで目が不自然!」という私のアイプチ(アイテープ)の失敗談を紹介します。

アイプチ(アイテープ)を使った口コミ体験談

あなたも「アイプチ(アイテープ)を使って後悔した…」と私と同じ失敗をしないためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

 

アイプチで目が不自然!

アイプチ(アイテープ)を使って「失敗した…」と後悔していること

まぶたがアイプチで引っ張られて、目を閉じた時にまぶたが突っ張って見えていた事を後悔しています。

というのも、アイプチを使い始めた当初は、自分が不自然な目をしている事に全く気づいていませんでした。

あれは忘れもしれません。

学校の帰り道、友達にふいに写真を撮られました。

ちょうど靴紐を結ぼうと私が下を向いた瞬間の写真でした。

それを見て自分の目がかなり不自然である事に気づきました。

今思い返しても恥ずかしい思い出です。

 

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

アイプチ(アイテープ)を使って失敗しやすい原因

  • アイプチをべったり付けすぎて、まぶたが引っ付く
  • 複数回重ね塗りする事で、二重の形がおかしくなる
  • アイプチをする前、肌の油分を拭き取っていない

 

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

アイプチ(アイテープ)で失敗しないための対策

まず、アイプチの種類を変えました。

ノリでまぶたをくっつけるタイプのアイプチの使用をやめ、まぶたに液を薄く塗り、まぶたを持ち上げるタイプのアイプチに変えました。

このタイプのアイプチは強制的にまぶたをくっつけるものではないので、下を向いた時に不自然にまぶたが引っ張られる事は無くなりました。

液を塗った部分は多少テカりますが、ラメが入ったアイシャドウを塗れば十分に誤魔化せます。

また、使用する前にウェットシートでよくまぶたを拭き、余計な油分は落としてからアイプチをすると、より失敗を防げます。

 

理想的な二重になったらこんないいことがある!

アイプチ(アイテープ)のを使って変わった私の生活

何よりも、自分に自信が持てます。

目が細くて小さく、目つきが悪いことが小さい頃からコンプレックスでしたが、今はアイプチのコツを掴み、自分の目が好きになりました。

初めて会う人からも目が大きいと褒められます。

毎日のお化粧の幅も広がり、朝の支度も楽しいです。

理想的な二重になると、人生が変わると言ってもいいくらい楽しい毎日を送れます。

 

「アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性」へアドバイス!

アイプチ(アイテープ)を上手く使えない女性にアドバイス

まずは、アイプチをする前にまぶたを清潔にする事です。

余計な油分が付着していると成功率が下がります。

もうひとつは、自分に合ったアイプチを使用する事です。

これが最も大切なポイントだと思います。

様々なアイプチを試し、最も自然に見えるものを選ぶと良いと思います。

また、自分がどんな目になっているか、他者に意見を求めるのも良いと思います。